病院で治して素肌美人に|希望の施術が受けられるかが重要|上手に美容外科を選ぶ

希望の施術が受けられるかが重要|上手に美容外科を選ぶ

病院で治して素肌美人に

鏡を見る人

皮膚科で治せる

鏡を見ているとふとしみの存在に気づくことがありますが、その場合はセルフケアを頑張るよりも一度八尾にある皮膚科に行き診察を受けることをお勧めします。しみと一口に言っても、様々な種類があり、そのできる原因もそれぞれに違う原因で出来ることが多いものです。老人性色素斑・炎症性色素沈着・肝斑・そばかす・脂漏性角化症・花弁状色素斑などこれだけの種類にしみは分けることができます。そして、しみの幾つかは健康保険を使用して治すことが認められています。健康保険を使用して治療を始めれば、経済的な負担が軽くなるので長期間に渡っての通院も苦痛では無くなります。ぜひ、八尾にある皮膚科へ行きどの種類のしみが出来ているのかの診察を受け、しみ治療を始めてみましょう。

施術内容

八尾にある美容クリニックでよく行われているしみ治療に、レーザー治療と呼ばれる治療法があります。レーザー治療の特徴は、レーザー照射時に痛みを伴うので痛みを和らげる為に肌に麻酔クリームを塗ってからレーザーを照射します。照射時間は消したいしみの大きさで違いがあり、直径1cm程の大きさだと10秒程度の照射時間で終わります。照射が終わった肌は、レーザーで軽い火傷を負った状態なので絆創膏を貼り肌を保護し続けます。10日程すると、レーザーを照射した部分のかさぶたが取れて赤味のある肌が露出します。この肌の赤味のある状態をダウンタイムと言い、1ヶ月から6ヶ月程かけて赤味が少しずつ取れてしみのない綺麗な素肌になるので触らないことが大切です。ダウンタイムが終わるまではひたすら、八尾の医師の指示を守りつつ気長に待つことが最も大切なことです。

Copyright © 2016 希望の施術が受けられるかが重要|上手に美容外科を選ぶ All Rights Reserved.